虫歯と口臭をしっかり防止するには

虫歯と口臭をしっかり防止するには

虫歯と口臭をしっかり防止するには

虫歯と口臭をしっかり防止するには

虫歯を予防する一番の方法は何なのでしょうか。これだけやっていればOKというものは無いと思っていて、歯磨きと定期的な歯石除去、この二つが予防に有効だと考えています。まず、歯磨きです。可能であれば朝昼晩の三回を必ず行いたいところですが、成人の方なら色々な環境と状況が考えられますので、出来る限り多い回数の歯磨きをするという言い方をします。そして特に重要なタイミングが、就寝前です。何故就寝前の歯磨きが大切なのかと言うと、唾液が通わなくなるからです。唾液は虫歯菌の酸によって解かされてしまった歯の表面部分のエナメル質を再構築して直してくれる「再石灰化」という重要な仕事を行っていますが、それがないのです。そして、日常では取りきれなかった汚れが固まってしまった歯石は歯磨きでは除去できません。歯医者で特殊な器具を使った歯石除去が必要です。歯磨きと定期的な歯石除去、このツートップを駆使すれば、虫歯予防というゴールを奪えるのではないでしょうか。

堺筋本町の歯医者 本町船場歯科クリニックに行けば虫歯予防の相談もしっかり行ってくれました、歯科医師先生は優しいので助かりますね。健康な歯を溶かしてしまう虫歯菌。虫歯の原因菌は、「ミュータンス菌」と呼ばれます。このミュータンス菌が口内に生息し、主に糖分を栄養として酸(乳酸等)を生成して歯のエナメル質を溶かし始めます。軽度なものであれば、いわゆる唾液による歯の再石灰化作用によって、溶かされたエナメル質を修復します。しかし、この再石灰化を上回る酸の影響を受けると歯の内側まで溶かされて虫歯になってしまうのです。こういった流れで虫歯が生まれてしまうのですが、結局注意すべき点は再石灰化を促すことで抑制してはならないということです。例えば、歯磨きを怠ってミュータンス菌を減少させる事が出来なかったり、唾液の発生が少ない状態(長時間の食事など)が続くと再石灰化の作用が低下してしまうのです。基本的なことなのですが、規則正しい食事、そしてその後の歯磨き、これらが結局は虫歯の発生確率に大きな影響を与えるのだという事を改めて考え直してみてはいかがでしょうか。