友人が念願のマイホーム

友人が念願のマイホームを建てたと言うので、お祝いに行ってきました。
旦那様は建築関係の仕事をしているので、こだわりの一戸建て住宅なのだそうです。

外観は素敵な輸入住宅のような一戸建てですが、旦那様の友人のデザインで、日本の建材を使って建てたものだそうです。

家の中に入ると、まず玄関の広さにびっくり。ちょっともったいないくらいの広々とした玄関ですが、このムダかと思う空間が贅沢で余裕を生み出すのだそうです。

リビングは吹き抜けで、こちらもまた広々としています。床には床暖房が入っているので、冬でも暖かく過ごせるのだとか。

2階には3室。それぞれ明るく使いやすそうな個室がありました。今はまだ夫婦2人だけなので、家具が無いお部屋もあります。

> 山林バンク 山林売買山林情報総合サイト

いよいよ。工事が始まりました。
念願の一戸建て。
地鎮祭があり、基礎工事が始まり。
毎日顔をだして遠くから眺めて家が出来上がっていくのを見ます。
いろんな、たくさんの方が関わるのに、改めて驚き、身が引き締まる思いで、徐々に形になっていく我が家。
途中、正直あまりよくわからない専門的な話を聞き、ウキウキとインテリアを考え、専門家の方の意見に納得し、あれよあれよと棟上げ。
ご近所の方にもお祝いされながら、餅を投げ初めての棟上げ。
それから、いよいよいろんな見本をみて詳細を決めて
息切れしてきた頃にやっと竣工。
涙が出そうでした。
これが我が家!?
どこのどの家よりも、素敵にみえます。
あっという間の工事期間。
たくさんの方の力と協力によって、戯言がイメージが形になった我が家。
嬉しい!とても嬉しいです。
いつか振り返ることがあるのでしょう
我が家ができるまでのこと。万歳、念願の一戸建て!!

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です