虫歯と頭痛

虫歯と頭痛

虫歯と口臭をしっかり防止するには

虫歯と頭痛

虫歯と頭痛、何の関係があるのかと思われがちなのですが、虫歯から引き起こされる二次被害の一つが頭痛だと言われています。頭痛自体の原因はそれ以外にも可能性がありますから虫歯はその一つだと考えてください。虫歯があって放置しておくとします。そうすると、虫歯が傷めば必然的にそちらの歯は避けようとしますし、無意識に片側の歯をメインに使うようになってしまうのです。右半身と左半身のバランスは人間にとってとても大切なものですが、これを崩してしまっているのです。噛み合わせが崩れて顎に負担が掛かる事から頭痛が発生する。そして、歯は歯茎と共に人間組織の一部ですから、血流が存在しますよね。歯がやられるとその血管から細菌が進入し、脳に直接的な影響を与えて頭痛が発生する。こういった頭痛を引き起こす可能性があるわけです。虫歯だけでなく、他の病気などにも言えることですが、一つ始まってそれを放置すればそれに付随する他の事象が現れるのは当たり前です。どこかがどこかに必ず負担を掛けますからね。

「離婚用語集~遺留分」についてです。

被相続人の財産のうち、遺族の一定の者に、必ず承継されるべきものとされる一定の割合を遺留分といいます。人は遺言で、若しくは生前に、自分の財産をどのように処分しようが本来自由でありますが、それを無制限に認めると、被相続人の遺産の増加・維持に努めたり、遺産を頼りに生きてきた遺族にとって不都合が生じます。そこで遺留分の制度が認められ、遺産のうち一定の部分は必ず遺族に残されるものとしました。遺留分を有するものは、兄弟姉妹以外の相続人です。 すなわち、被相続人の子、その代襲者、配偶者、及び直径尊属です。遺留分を侵す贈与が行われた場合には、遺留分権利者である相続人は、その侵される分の額についてだけ贈与を取り消すことができます。この権利を遺留分減殺請求権といいます。この権利が行使されると、受贈者は現物またはそれに代わる価格を償還しなければなりません。この権利は、遺留分権利者が相続の開始と減殺できる贈与のあることを知ったときから一年、または相続開始のときから、十年経つと、時効により消滅すると法定されています。

定期的に歯医者に行くようにしています

私は定期的に歯医者に行くようにしています。目安は4~6ヶ月に一度です。 友人からは、歯医者好きだねーと言われますが、決して好きではなく、嫌いです。臭いや音、そして痛み。処置中の様子が見えない恐怖。それでも私が定期的に行く理由は、丈夫な歯でありたい事、清潔な口内を保ちたいという事が大きな理由です。 歯医者に行って、行ってもらう事はスケーリング(歯石取り)と検診です。自分ではちゃんとブラッシングしているつもりでも歯石はたまります。口内の見えない部分で何かが起きているかもしれない。そんな汚れや不安を一掃してもらうため、行っています。行くまでは憂鬱ではありますが、行った後の爽快感は少しクセになる事も。だから私は、定期的に必ず歯医者に行くことを友人にも勧めています。

私の通っている歯医者では、レーザー治療を取り入れて行ってくれます。 一番驚いたのは、口内炎が良くできるのですが、これは普通に市販薬を塗ったりしてもすぐ取れてしまうし、あきらめて我慢してることが多かったのですが、口内炎の部分に黒い薬を塗ってそこだけ焼くようなイメージでレーザー治療してもらうと、わりと直りが早く、小さいものなら、すぐに痛みもひいてしまったことです。 食べるときに痛かったりする口内炎が治療できるので、お勧めです。しかし、保険がきかないので、その部分は500円くらい自費でした。 今は虫歯などは普通に削ったりして治療した事しかないので、今後はレーザーで出来る部分はやってもらうと、痛みも少なく済むのかと思います。

大阪鶴見区の歯医者|矯正歯科・インプラントなら“いちば歯科医院